• ホーム
  • 感染ルートが多岐に及ぶクラミジアは、喉にも発症するリスクがあります

感染ルートが多岐に及ぶクラミジアは、喉にも発症するリスクがあります

クラミジアは性病なので性器だけに症状があらわれるものだと勘違いしている人がいるようですが、実際には喉にも症状があらわれます。この病気は感染ルートが多岐にわたっているので、思いもよらぬ行動が喉への感染を招くことになるかもしれません。クラミジアの原因菌は精液や膣分泌液、唾液などの体液、性器や咽頭の粘膜などに存在しているので、直接性器やアナルに挿入を行うセックス以外でも感染を引き起こすことがあります。最近はオーラルセックスが原因で喉への感染が増えているので、オーラルセックスを行うことがある人は注意しておかなければならないでしょう。

昔ではオーラルセックスは一般的な行為ではなく、多くは性風俗でプレイの一環として行われるものという認識でした。現在では性風俗を利用しなくてもカップルや夫婦も日常的に行うことが増えている性行動のひとつなので、このような行為を経路としたクラミジアの感染が増えています。一方が性器か咽頭にクラミジア菌を保有していると、相手の喉や性器に症状があらわれるようになるので、オーラルセックスは性病の心配がないと勘違いして油断してはいけません。直接的な挿入を伴わない性行為でも感染する恐れがあることを知っておきましょう。

最近では、性風俗に従事する女性や性風俗を利用した男性の咽頭クラミジアが増えています。性風俗は病気の検査をしっかり行っているから安心だと思っている人もいるかもしれませんが、実際には潜伏期間があるので検査を受けていない空白期間に感染して被害を拡大させている可能性もあるのです。性風俗を利用した男性の性器にクラミジアが移り、それをパートナーに移してしまうという被害拡大も少なくないので、クラミジアは性器以外からも感染するものだと理解しておかなければなりません。

咽頭に感染したクラミジアは痛みや発熱といった風邪のような症状を引き起こすので、性病だと気づかない人もいるかもしれませんが、見過ごしてしまうと病気が長期化してしまうので気をつけておきましょう。性器に発症するものだと思われがちなクラミジアですが、実は咽頭にも症状が起こることが非常に多いと言えるので、オーラルセックスを日常的に行っている人や風俗を利用している人は、特に感染に注意しておくことが大切です。知らず知らずのうちに咽頭に症状があらわれていたというようなことを防ぐためにも、喉に発症する可能性があることを認識しておきましょう。